ポラロイド写真
  • 糖質制限

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 日本糖質制限医療推進協会

    category:糖質制限

回り込み解除

NPO糖質制限食ネット・リボーンが知らぬ間になくなってから、その内違う形で
スタートするんだろうなと思っていましたが、日本糖質制限医療推進協会が設立
されたようですね・・。
サイトでは、当初顧問栄養士としてローカーボクラブの佐々木先生の名前が
掲げられていたので、大柳先生はどうしたのかしら?・・と不思議に思っていました。

そうこうしていると、大柳先生のブログで事の真意が綴られていてビックリしました。
なんと!大柳先生には一言の相談もなく、佐々木先生を顧問にしたということでした。
わたしは、大柳先生は忙しくしてらっしゃるので、断ったものだとばかり思っていた
のですが、それは大きな勘違いだったようです・・。
大柳先生曰く、その後佐々木先生も顧問栄養士を辞退されたということです・・。
何故、大柳先生外しが行われたのかというと、サプリを推奨している医療機関に
お勤めされているからという理由だそうです・・。
新たな協会は、サプリを推奨する栄養療法とは確執があることがうかがえますね。

管理栄養士のローカーボ・キッチン
lowcarbkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
日本糖質制限医療推進協会
toushitsuseigen.or.jp/index.html
スポンサーサイト
  • 朝霞de江部氏講演会

    category:糖質制限

回り込み解除

3/17・・。
朝霞で江部先生の講演会が開催されました・・。
利権が絡んでいないせいか、とてもアットホームないい講演会という印象です。
江部先生も、いつになく生き生きと発言されていて、楽しそうでした・・。
小室クリニックの冨美子先生は、先代の跡を継いでらっしゃるそうで、幼い頃から
糖尿病患者がみるみる悪くなっていくのを目の辺りにされて、不思議に思って
いた経験談を話されて、すごく印象が良く、小室クリニックに通いたいという衝動に
かられました・・。(笑)

CIMG0136.jpg CIMG0134.jpg CIMG0135a.jpg
その他にも、近隣産婦人科の管理栄養士さん(病態学会で発表された方)や、
眼科女医さんのお話もありました・・。
埼玉県内で低糖パンを販売されている「び~んずなっち」さんや、佐々木栄養士
主催の「ローカーボクラブ」の発表もあり、とても有意義でした・・。

お昼を挟む講演会だったので、お仲間でお弁当を持ち寄ってのランチ会~。
ふぅさんは、各種自家製スモーク・・。
亜麻仁さんは、各種野菜サラダとフィッシュケーキ・・。
わたしは、試作中のgパン(みたけバージョン)・・。
思いがけず、どうもちゃんのレンチン蒸しパンも、口に出来ましたぁ~。(笑)

CIMG0125.jpg CIMG0126.jpg CIMG0128.jpg
CIMG0127.jpg  CIMG0130.jpg CIMG0132.jpg
毎度のことながら、ゲラゲラと大声を放ちながらのランチ会で、うるさくして
申し訳ございませんでした・・・・・・。
CIMG0124.jpg
  • 11/17女子栄養大学講演会

    category:糖質制限

回り込み解除

あっという間に、江部氏講演会も、明日となりましたので、上げておきます・・。

*******************
11/17 第22回女子栄養大学栄養科学研究所講演会について

現時点の参加予定者を整理しておきます・・。
紫陽花亭さん、お昼寝ねこさん、ムタさん、亜麻仁さん、Masayoさん、
ふぅさん、美希さん、かずさん、
yesicanさん、エリスの10名・・。
尚、当日は・・念のために、確認メールを印刷してご持参下さい・・。(あくまで任意)

 集合場所 : JR山手線駒込駅 北口改札
 集合時間 : 12:30 12:00 集合時間に関係なく、ご自由にぃ~。
         (12:00集合にしては?という意見が出て、変更しました!)

3号館小講堂(5F)

ビデオ・OHP・OHC・プラズマモニター等を備え、教卓でワンタッチ操作ができます。
授業・講演・ガイダンス等の目的に応じて、150〜190名まで収容席数の変更が
可能な講堂です。


******************************
先日は、溝口クリニック主催の無料講演会で、大柳管理栄養士の講演を視聴して
参りましたが、今度は、江部Dr.の講演を、低料金(¥2000)で聞けるチャンス到来
ですぅ~!(情報元:江部Dr.ブログより)
「食品成分表」で有名な女子栄養大学が主催・・ってことで、これからの栄養指導法
の変化が期待できるかも知れませんよね・・。
糖質制限が栄養指導法として認められる・・歴史的な瞬間に、立ち会えるチャンス
かも知れません~。

定員150名ということで、全国の管理栄養士さんの参加が予想され、すぐに満員に
なる可能性大・・。私は・・早速、申し込んでおきましたが、ご希望の方は、早めに
申込の上、コメント下さい~。ぜひ、ご一緒しましょう~。

******************************
香川栄養学園創立80周年記念事業
第22回女子栄養大学栄養科学研究所講演会
「糖尿病治療最前線-栄養食事療法を巡って-」

1.テーマ
  「糖尿病治療最前線-栄養食事療法を巡って-」
2.日 時
  平成24年11月17日(土) 午後1時~4時45分
3.会 場
  女子栄養大学駒込校舎小講堂 豊島区駒込3-24-3
   ■交通アクセスこちら からご覧ください
   ■構内案内 こちらからご覧ください
4.定 員:150名
  *定員になり次第締め切らせていただきます。
5.参加費:2千円
  *当日受付にてお支払い下さい。

6.プログラム(敬称略)
13:00〜13:05 ◇開会の挨拶◇
           女子栄養大学 学長 香川芳子

13:05〜13:35 ■糖尿病予防の遠隔成績とレガシー効果
           栄養科学研究所 所長 香川靖雄

13:35〜14:25 ■低炭水化物食(糖質制限食)の有効性と安全性
          財団法人高雄病院 理事長 江部康二

14:25〜15:15 ■生活習慣病に対する新しい考え方
~若い女性のやせと低出生体重児をめぐって~
    京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 津田謹輔

15:15〜15:30 休 憩
15:30〜16:40 総合討論
16:40〜16:45 ◇閉会の挨拶◇ 香川靖雄

7.お申し込み方法
 (1) FAXによるお申し込み
  「女子栄養大学栄養科学研究所講演会参加希望」と明記し、
   ① 氏名(フリガナ)
   ② 緊急連絡用の連絡先(電話番号、E-mail等)
   ③ 職業
  をご記入の上、下記宛てにお申込み下さい。

  【お申込み先】
   女子栄養大学栄養科学研究所
   FAX: 049-284-3679

 (2) サイトからのお申し込み
   こちらのフォームよりお申し込みください。

8.お問い合わせ先
  女子栄養大学栄養科学研究所
   TEL:049-282-3701
   FAX:049-284-3679
  • 11/14世界糖尿病デー/ブルーライトアップ スカイタワー

    category:糖質制限

回り込み解除

糖尿病への危機意識を高め、予防を心がけてもらうために毎年、世界各地でブルーライトアップが開催されています。
NPO法人西東京臨床糖尿病研究会では、西東京市にある「スカイタワー西東京」をブルーライトアップします。

日  時: 2012年11月11日(日)16:00~18:00 参加無料
場  所: スカイタワー西東京 タワープラザ地下1階会議室
       東京都西東京市芝久保町5-8-2【地図
内  容: 総合司会:辻野元祥 先生
                                (多摩総合医療センター 内科 部長(内分泌代謝))

開会の辞 16:00 
        功刀美保子 様((株)田無タワー 総務課 課長)
        貴田岡正史 先生
                    (NPO法人西東京臨床糖尿病研究会理事長
                                /公立昭和病院 内分泌・代謝内科 部長)

特別講演 16:10 
       「低糖質ダイエットと低塩分食」
        朝比奈崇介 先生(朝比奈クリニック 院長)

       「低塩分食のコツ」
        渡部一美 先生(朝比奈クリニック管理栄養士)

閉会の辞 17:30 
        関口芳弘 先生(青梅市立総合病院 内分泌糖尿病内科 部長)

ブルーライトアップイベント点灯式 17:40 
        伊藤眞一 先生(伊藤内科小児科クリニック 院長)

定   員: 100名
申込方法: スカイタワー西東京は、一般開放された施設ではないため、入場券を
        お持ちでない方のご入場は固くお断りさせていただきます。
        ご入場券をご希望の方は、下の「NPO法人西東京臨床糖尿病研究会」
        のホームページにアクセスし申込用紙(PDF資料)をダウンロードの上
        FAXか郵送にてお申込みください。
        ブルーライトアップ スカイタワー西東京 市民向け講座お申込用紙
        (NPO法人 西東京臨床糖尿病研究会)
申込・連絡先: NPO法人 西東京臨床糖尿病研究会
          〒185-0012 東京都国分寺市本町2-23-5 ラフィネ込山
          NO.3-802号 Tel.042-322-7468 Fax.042-322-7478
主 催: (株)田無タワー
      NPO法人西東京臨床糖尿病研究会
      アステラス製薬(株)
後 援: 世界糖尿病デー実行委員会
      東京都糖尿病対策推進会議
      東京都医師会
      西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市
協 力: 多摩六都科学館
実行委員長: 朝比奈クリニック 院長 朝比奈崇介 先生
         NPO法人 西東京臨床糖尿病研究会
  • 「がんや老化を防ぐ考え方」梅谷薫Dr.講演会

    category:糖質制限

回り込み解除

古い記事ですが、旧ブログから再投稿・・。

2012/10/14・・。
歯周病治療でお世話になっている歯科医院主催の講演会があった
ので参加してきました~。
演題は「がんや老化を防ぐ考え方」・・、講師は鎌ヶ谷総合病院消化
器部長、梅谷薫Dr.です・・。「がんや老化」についての講演会という
ことで、糖尿病にも関連する内容もあるでしょう・・という予測で、伺
ったのですが、参考になった部分もありましたよん~。

******湖聖会銀座医院サイトより引用*******
梅谷先生は、湖山聖道理事長の後輩(東大医学部卒。第三内科)
で、専門は消化器内科です。
内視鏡検査は3万件を超え、大腸内視鏡の手術ESDでは全国3位
(『プレジデント』誌)の業績をあげる名医です。 更に梅谷先生は心療
内科も専門とされています。腹痛を訴えて来院される患者さんの一定
数は、消化器に問題があるのではなく、職場や家庭のストレスが原因
で、うつ病や不安障害を発祥しています。
先生の著書『病(やまい)になる言葉』(講談社)、は、単なる病気に関
する本ではなく、マネジメントに携わる人が組織運営を考えるに当た
って必須ともいえる内容になっています。
*********************************************

CIMG6559.JPGCIMG6562.JPGCIMG6560.JPG

酸化ストレスは、糖尿病を引き起こす原因・・。
パーキンソン病、アトピー性皮膚炎、動脈硬化、がん、老化、

糖尿病・・。
強いストレスも、免疫能低下から「がん」になりうる・・。

CIMG6563.JPGCIMG6561.JPGCIMG6565.JPG

糖尿病:
からだを守る免疫機能低下、結合組織代謝異常、血管壁
の変化や脆弱化によって、歯周病菌により感染しやすくなり、
歯周病が重症化していきます。歯周病菌から出される内毒素が、
歯肉から血管内に入り込み、血糖値を下げる働きをもつホルモン
であるインスリンを作りにくくすることがわかっています。
すなわち、慢性炎症である歯周病の存在により、血糖値は上昇し、
糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に、歯周病も進行
していくという悪循環に陥ります。

酸化ストレスとは?
「酸化ストレス」とは、異物を処理する作用をもつ「活性酸素」の生産
と処理のバランスが崩れ、解毒をしたり、体に生じた障害を修復する
作用がうまくいかなくなった状態のことです。
たんぱく質や脂質、遺伝子(DNA)が障害されて、さまざまな病気が
生じます。

がんや老化を防ぐ抗酸化物質とは?
野菜に多く含まれる「ビタミンE」や「ビタミンC」「ユビキノール(ビタ
ミンQ)」などは抗酸化物質です。さらに、「ポリフェノール」としてブル
ーベリーに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンや
サポニン、ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれ
るルチン、緑茶のカテキンと、紅茶・ウーロン茶などに含まれるタンニ
ンなどがあります。また、緑黄色野菜や果物に含まれる「カロテノイ
ド」として、β-カロチンやリコピン、えびやかになど甲殻類や、さけ、
ますなど魚類がもつアスタキサンチンなどが知られています。

CIMG6571.JPGCIMG6580.JPGCIMG6583.JPG

セロトニンを増やす食生活
 ・セロトニンは、トリプトファンから作られる。
 ・トリプトファンは、必須アミノ酸で食事から。
 ・トリプトファンを多く含む食事:
   大豆~豆腐、納豆、味噌(大豆製品)
   赤身魚、チーズ、バナナ、ケール
 ・ごはんやパンなど炭水化物が合成に必要。
 ・昔からの日本食はトリプトファンを十分に含んでいる。
 ・ただ、食べればよいというものではない。

*********快眠ライフcomより引用**********
セロトニンとは「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、体内で
特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。
セロトニンは人間の精神面に大きな影響与える神経伝達物質で、
セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患に陥りやすいと
言われています。
*******************************************

CIMG6593.JPGCIMG6598.JPGCIMG6601.JPG

講演会の後は、懇親会もあって、ウーロン茶の他に焼酎の水割り
なんぞも昼間から頂きましたぁ~。
飲んだ方が血糖値が下がるので、お酒は飲める方でもないのですが、
最近は積極的に飲むようにしています・・。 その後、二胡演奏会も
あったのですが、パス・・。
自由診療の予防歯科メンバー向けの年に一度の無料講演会でした
が、割と楽しめました・・。

********みんなの糖尿病ストーリーより引用*******
血糖上昇を抑制してくれる飲酒の効用
飲酒で注意すべきことは「低血糖」であって、高血糖ではありませ
ん。しかし巷では、しばしば飲酒が高血糖を引き起こすかのような
指導が行われているようです。また、日本酒は米から造られるから、
ワインはブドウから造られるから高血糖を引き起こすなどという説
も囁かれているようです。
それでは、なぜ飲酒が血糖値を下げるのでしょうか?それはアル
コールが肝臓における糖新生を強く抑制するから
であると考
えられます。つまり、アルコールの中に含まれるわずかな糖分よ
りも肝臓の糖新生を抑制する効果の方がはるかに強力であるから
だと考えられます。
肝臓は日中は主にブドウ糖を取り込むことによって、血糖値を下げ、
運動中や夜間には主に糖を産生、放出することによって、全身に
糖を供給しています。
従って、インスリン分泌の低下した患者さんが食事のときに飲酒を
すると、血糖上昇が抑制されるという血糖管理上の “美味しいメリッ
ト”をもたらします。私は、これまで数名の方にこうした実験をお願い
しましたが、お酒の強い方ではこうした飲酒の血糖上昇抑制効果は
現れず、あまりたくさん飲めない方では大きな血糖上昇抑制
効果を認めました。
しかし、飲酒をすることによって、かえって高
血糖をきたしたという方にはまだ出会ったことがありません。
そこで、少し肩の力を抜いた方が良いと思われる方には「ご馳走を
召し上がる場面では、なるべくしっかりとお酒を飲みながら、召し上
がった方が血糖値が上がらないで済みますよ」とアドバイスする場
合もあります。
***************************************************
  • 牧田Dr.文芸美術国民健康保険組合「第1回健康セミナー」

    category:糖質制限

回り込み解除

シナモンついて、牧田Dr.が勧めていらっしゃると聞いたので、検索していたら・・
「文芸美術国民健康保険組合」主催の第1回健康セミナーの内容がUPされていたので
一部、ご紹介します・・。
講演内容は、「糖尿病と肥満の関係」・・。H16.5.22に、八重洲で行われたようです・・。
*******************
牧田 善二医師
北海道大学医学部卒業医学博士 前久留米大学医学部教授でご専門は糖尿病合併症、肥満
症の治療などで現在銀座においてAGE 内科クリニックの院長としてご活躍されております。
*******************
<牧田 医師 講演内容>
【スライド1】
質問のまとめ
・減量したいのになかなかうまくいかない。食事制限などをきちん行っているのにどうしても
 成功しない。何故なのか。
・ 先が短いのにそれでも好きなものを辞めてダイエットが必要なのでしょうか。
・ 糖尿病もあるが食事の注意点は?果物は何がいいの?
・ 酒とのうまい付き合い方は?

【スライド2】
減量したいのに成功しない一番の原因として、痩せにくい痩せやすい遺伝的、体質的なものがあることが現在わかっています。少し食べただけで太ってしまうまたは量的には食べるが全く太らない。遺伝的にそのようなことが決まっているということがわかっています。恐らくご質問のされた方はそういう遺伝的な体質を持っていることが考えられます。例えば血液検査で最も大事な検査はインスリンというもので、その方の血液のインスリンというホルモンを調べさせてもらうとその人が痩せやすいかどうかだいたいわかります。インスリンというのは注射をするホルモンですが、一番有名なのは血糖を下げるという肩書きでそれだけでなく体を太らせる働きがあること。大学の医学部教授をしていた時、学生に糖尿病の母親から子供が産まれると巨大児、すごく大きな子供が産まれるということが医学的に知られているが、それはどうして糖尿病の母親から巨大児が産まれるのかという質問をするとだいたい学生は答える事が出来ません。間違った答えで一番多いのは、糖尿病の母親は血糖が高い、血糖は栄養の元で胎児にどんどん血糖が高い栄養が行くからではないかという答えが一番多い。理由は糖尿病の母親は子供と血糖が繋がっているので、母親の血糖が高ければ胎児も血糖が高くなる。しかし胎児は糖尿病ではないので血糖を下げようと思ってインスリンを自分の体、膵臓から出す。インスリンは血糖を下げるとともに体を大きくする作用があるので、その大きくする作用のために自分で体を大きくしてしまう。
それが正解です。太りやすい体質の方はだいたいインスリンが高い。もしダイエットをするとしたら周りの人の協力や医者の助けが必要であると私は感じました。痩せにくい人はなかなか自分では難しい。場合によっては治療として医療としてのメディカルダイエットが必要だと考えています。アメリカやヨーロッパでは痩せようと思ったら病院に行きます。

【スライド3】
簡単なダイエットのコツとしては、
・ 止めること
ダイエットの為に間食、清涼飲料水、コーヒーに砂糖を入れること、デザート。
・減らす事
糖質を減らす事が非常に大切です。やめられないとしても減らす事が大事。
・変えること
野菜中心の生活、白いパン、白いご飯。
私は発芽玄米や黒米、古代米、五穀米などを混ぜて食べています。何故かというと白いご飯は非常に太りやすい。五穀米、その他は食物繊維が多く含まれている。これは少し太るのを抑える様な働きがあることがわかっています。白いパンもヨーロッパやアメリカではあまり食べられていない。何故かと言うと健康志向、ダイエットのためにライ麦パンなどを食べている。それにも医学的な理由があり食物繊維が非常に多くて太るのを防いでくれる効果があるということがわかっているからだと思います。
・増やす事
筋肉を付けるとリバウンドがしにくい。ただ痩せるのではなく筋肉を付ける事が非常に大事と考えられている。きのこ、海草はアルカリ性食品。こういうものをたくさん食べること。

【スライド4】
最近の医学の最新の研究成果としては、アメリカ糖尿病学会が一番権威のある学会で、昨年の9 月号にある画期的な報告がありました。ミネソタにある糖尿病で有名な大学からの研究報告で、一言で言うとダイエットは薬を使わないとほとんど効果はないという報告でした。ミネソタ大学の成績、どういうことで比較をしたかというと食事と運動療法を普通にやった人たち、薬を使った人たちを一年間比較した。大学のプロの治療の人たちで、食事は栄養士が指導して運動療法も運動療法士、日本で言うトレーナーがプログラムを作ってやる、そこまでやって一年間で痩せたのは平均で0.8 ㎏。一方ダイエット食品と痩せ薬を併用してかなり本格的に治療としてやった方は平均7.3 ㎏とかなり痩せました。平均ですからもっと痩せた人もいる。結論としては薬を使わないとダイエットは成功しない。アメリカの最も進んだ治療をするところですらそういう結果。そう考えると皆様も自分の力だけでダイエットをしようとしても確かに難しいかもしれません。

【スライド5】
私の治療した具体的な例で、31 歳の小児外科医で身長174 ㎝、体重106 ㎏、この方の場合は栄養士さんに食事指導してもらったり運動療法しても駄目だから薬を使ってやりましょうということで食欲抑制剤というスイスの薬を用い、運動が出来るなら少し運動を併用してやりましょうと。最初から薬を飲むことに。この方膝が少し悪いということでプールで水中歩行もやりましょうと。基本的には厳しい食事制限はしないでダイエットをするという方針で行いました。

【スライド6】
成績は16 週で21 ㎏痩せました。大成功です。糖尿病の治療で血糖下げたりコレステロール下げたりして喜ぶ患者さんはたくさんいますが、ダイエットに成功したという事のほうが喜びは大きいようです。血液のデータよりも人間は痩せたという事実の方がはるかに大きいという事を実感しました。

【スライド7】
この方の食生活について治療の前、朝は食べていませんが、昼は食べて、夜食にもラーメンとスナックを食べていて栄養士さんが計算してみると3000 カロリーでした。治療としてはやはり朝は食べてもらい、昼は病院で食事し、夜はヨーグルトのみにしてカロリーを3000 から2200 に減らした訳ですがそんなに厳しいカロリー制限ではありません。それでも21 キロ痩せました。

【スライド8】
体脂肪率、肝臓の検査値なども下がりました。GOP、GTP というのが肝臓で正常値が40で倍あったわけですが26 で正常値になりました。γ-GTP 通常70 ぐらいが40 に。コレステロールは220 以下が正常値でこれも正常値になっています。中性脂肪は150 以下が正常値で正常になっています。痩せることによって全部良くなりました。

【スライド9】
ダイエットが成功する方とはまずやる気があること。絶対目標まで痩せるというやる気。危機感です。このままではまずいという気持ちが大きかった。一番重要なのは結局は自分の問題だからやる気という事かもしれません。次に大事なのは意外と周囲の応援です。
良かったねと褒めて貰ったりすることは結構大きなことです。逆に周囲の応援が無ければなかなかうまくいかないです。三つ目はいい個人ドクターを持つこと。間違ったダイエットをすると肝臓が悪くなったりいろいろ血液データに異常がでることが多くなる。一番いいのはいろいろ検査を行いながらダイエットをすること。出来ればいろいろアドバイスをもらいながらやるというのが非常に大事だと思います。その為に定期的に通院するという事も必要かもしれません。こういうことが出来る人がダイエットに成功します。ここだけの話ダイエットに成功する方は裕福な方が多いように思います。どうしてかというといいものを食べる方はあまり太らない。あまりよくない種類のものを食べるような習慣がついている方は太りやすい。
それから定期的に病院に行ける、いいドクターを持つというのもやはりある程度収入が必要かもしれないなと、最近そんな風に私は思います。

【スライド10】
日本の肥満の状態を平成15 年の一番新しいデータで見てもらうと、年齢別に肥満の頻度が書いてあります。BMI25 以上が肥満で30 代男性27.3%の方が肥満です。30 代で現代は30%くらいの方が肥満です。ところが女性は12%。断然男性の方が多い。男性の方を年齢別に見てみると30 代、40 代、50 代、60 代、と1%ずつ増えて30%に。30 代でもう太る人は太ってしまっている。ところが女性は20 代、30 代、40 代、50 代と少しずつ増えて男性と肩を並べるのは60 代。男性の方がはるかに太っている人が多い。さらに別に男性は70 代以上になると21.7%に減っています。どうしてこんなに減るのだろうか。70 歳代になると食べられなくなるからではなく太っている方は長生きできず、60 代で心筋梗塞や脳梗塞や癌の頻度も高い、そういうことで死んでしまう。太っている方は長生きできない。男性の方が著しい。これが男性が余り長生きできない理由の一つかもしれません。

【スライド11】
次に病院に通院している患者さんの数ですが血圧の方はだんだん減ってきている。この頃は食事に気をつけて血圧を自分で管理する方が増えてきたからだということが考えられます。逆に糖尿病は増えてきている。通院している方も195 万人。実際日本では糖尿病700万人と考えられているので700 万人中の195 万人だから通院してない方がかなりいるといえる。肥満症は平成10 年で11.4%、肥満の方はもちろん増えているわけだが病院に行く人はむしろ減ってたった7.8%。肥満で治療している方は日本ではほとんどいないといってもいい。肥満で治療するクリニックはほとんどない為当たり前とも言えるかもしれません。でも肥満が治ると全部治ってしまう。肥満の治療というのはある意味最も大事で最もポイントすが残念ながら治療が実行されていない。それで皆さん困っているといえるかもしれません。

【スライド12】
次の質問で、先が短いのに好きなものをやめてダイエットが必要でしょうかという質問がありました。医者だから言うわけではありませんが、年齢が70、80 以上でもダイエットをした方がいいと思う。肥満は現在医学的に病気と考えられています。昔は肥満は病気とは言いませんでした。5 年くらい前から肥満を肥満症と呼ぶようになりました。病気として位置づけて治療していかないとさまざまな病気の原因になっていく、ということはこの肥満自体を病気として考えていった方がいい、そう専門家は考えています。それから意外と大事なのは、肥満は癌や痴呆の原因であるということ。肥満になると血管が早く老化するといわれています。最近の一番の医学の研究からすると老化は血管からといわれている。
その老化にこの肥満が関係する。脳の方には老化が進んでくると痴呆がでてくる。次に好きなものを食べてもダイエットが出来る、これは大事だと思う。ダイエットをすると好きなものが食べられないと考える方が多いと思うが基本的には食べて駄目なものはないとお考えになった方がいいと思う。この質問を書かれた方だったと思うが、医者から痩せるために肉は止めろ、酒も減らせと言われた、それが辛いということでしたが肉を食べると太るという医学的な根拠はありません。実際肉はあまり太らない。太るのは炭水化物、糖質です。肉は腸で分解されて吸収されるときはアミノ酸になります。お酒も意外と太りません。年をとってからのダイエット、いい事もたくさんあります。ダイエットに成功してどうして喜ぶかというと単に見かけです。痩せると若く見え、太っていると老けて見えます。

【スライド13】
糖尿病があるので食事の注意はという質問がありました。果物は何がいいか。果物でこれが良い悪いはありません。逆に何を食べてもいい。食べてはいけないものは基本的にはない。ただ量を減らす。基本は糖質、炭水化物を減らす。日本では糖尿病の方は栄養士さんからカロリーを制限するように言われたと思うが世界中同じかといえばそうでもない。アメリカ、ヨーロッパではそういう食事療法は全くやっていない。それは難しい事をしても成功しないという事を知っているから。基本は糖尿病では炭水化物を減らす事が大事です。
炭水化物を食べると血糖は急速に上がります。最近の報告ではシナモンが血糖を下げると報告されている。さらに中性脂肪、コレステロールも下げる。このシナモンが持っている作用、抗酸化作用という作用でコレステロールや中性脂肪、血糖を下げるということが医学的に証明されている。最後にあまりカロリーに囚われないほうがいいと思う。食べるものによって血糖の上がり方は全然違う。たんぱく質はほとんど血糖を上げません。糖尿病の方の多くは肉を食べると血糖が高くなると信じている。でも実際調べてみると上がらなかった。糖尿病が良くなる一番のポイントは血糖自己測定をやる方。その次に運動。私が思うのは医者が治すのではなく、やる気のある人は適切なアドバイスさえしてあげれば本人で勝手に良くなってしまう。これが糖尿病という病気だと思います。

【スライド14】
お酒とのうまい付き合い方はという質問ですがワインがお勧め。これはポリフェノールというのが入っていて動脈硬化の予防に非常にいいという事がわかっている。それからたくさん飲まないためには焼酎やウイスキーを薄めて少しずつ飲む。どうしても濃くするとアルコールの量が多くなってしまうので薄める。ビールは尿酸が高いので痛風の人は駄目です。これはご存知と思いますが、ビールの中に多く含まれているプリン体というのが痛風のもとで、ビールに含まれているプリン体は焼酎と比較すると1000 倍です。ウイスキーも1000 倍以上。ビールは特別プリン体というのが多いので痛風によくない。糖尿病でもダイエットをしていてもお酒は飲んでもかまわない。お酒はそんなに血糖を上げずむしろ低血糖になる方が多い。禁酒ということをアメリカ、ヨーロッパではしていない。基本的には禁酒する必要は無いと。ダイエットもそんなに太る原因にはならず、やはり甘いものの方が大きいという風に考えます。

【スライド15】
これはLIFE という有名な雑誌の表紙ですが、キャサリン・ヘップバーンという有名な女優さんです。英語で「CAN WE STOP AGING?」と書いてあり、老化を防ぐことは出来るでしょうかという特集です。年をとってもスマートだと左右写真を合わせてもぴったりくる。こういう風になるように私も年をとりたいなと思う。70、80 になっても20 代の顔と重ねあえるように皆さんもなれればいいのではないかなと思います。

◎質問(男性)
健康保険の対象ですが治療としてダイエットの薬はあまり病気のような感じがしないが。
◎牧田医師
基本的には健康保険で出来る。栄養士さんの指導、これも出来ます。それから医者の指導も健康保険で出来る。ただ先ほどのダイエットの薬は健康保険ではBMI が35 以上だと使うものでBMI35 だとかなり太った方。それより少ない方はこの薬を飲む事は、少なくとも健康保険では無理です。ただ、ダイエットのやり方というのはいろいろあって、その他に良く使われているのはダイエット食品。一番有名なのはマイクロダイエットという食品があります。どういうものかと
いうと粉で水をいれて溶かして飲むものです。例えば朝食を普通に食べる代わりにこの食品を飲む、そうすると一定のカロリーで痩せる事が出来る。
このダイエット食品は必要なビタミンやミネラル、栄養素がはいっているのでダイエット中に栄養不足になる心配はありません。

◎質問(男性)
身長が178 ㎝で体重が67 ㎏なのですが、最近おなかが極端にではじめました。これは肥満でしょうか。
◎牧田医師
計算してBMI が25 以上であればいわゆる肥満になります。

◎質問(女性)
例えば糖尿病の血糖値が軽いとか重いとか初期であるとかよって何を食べてもいいとおっしゃっていたが、その食べる量に相違はありますか。
◎牧田医師
糖尿病の軽度によって食事の内容、治療が違うのではないかというご質問ですが、まさにその通りです。糖尿病の軽度というのはどういうことか。糖尿病の軽度をみなさま、医者も含めて血糖が高い人が重い、血糖が低い人は軽い、そう思っていますが実際は全く違います。重症度は合併症の程度です。例えば血糖はあまり高くない、薬も飲んでいない、食事療法だけ、ましてやインスリンの注射は一度も打った事がないとその方が言い張っても医者にかかって失明直前の網膜症の状態だということになれば、その方の糖尿病は重症です。逆にどんなに血糖が高くても、眼も心臓も合併症が無ければその人は軽症です。例えば糖尿病の腎臓5 段階だとすると、どこの状態にあるかということで治療が全く違うという事です。もし糖尿病であれば自分の合併症の度合を必ず把握する事が必要です。それを明らかにしないと治療は決まらないと思います。

◎質問(男性)
合併症にはどういうものがあるのでしょうか。
◎牧田医師
合併症は3 つあります。一番初めに出てくるのは神経です。よく男性機能が低下するのはこの神経が悪いです。糖尿病の70%の方は神経が悪い。その次に多いのが大体同じぐらいで眼と腎臓です。眼も3 段階ないし4 段階、腎臓は5 段階程度。検査によって段階というのは明らかに決められています。眼と腎臓どのくらい悪いかをそれぞれ専門の医師に診てもらって状態を把握することによって今後どうするかを考えた方がいいと思います。

糖尿病専門医にまかせなさい

糖尿病専門医にまかせなさい
著者:牧田善二
価格:530円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい

糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい
著者:牧田善二
価格:880円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

  • 2012.1.日本病態栄養学会YouTube

    category:糖質制限

回り込み解除

YouTubeで、2012年1月に行われた日本病態栄養学会の講演の一部を見つけた・・。
江部Dr.のブログで、是側の勝利ということは、なんとなく伝え聞いてました・・。
ここで、、中村整形外科リハビリクリニックの中村Dr.から素晴らしい意見が出されたようで、
注目したい・・。あっぱれな提言・・。
糖尿病患者に「カロリー制限食」を強いる罪悪を、これ以上放置してはいけない・・と、現場の
医師や管理栄養士は、もっともっと声を上げて欲しいものですね・・。

11月の女子栄養大学の講演でも、そういう現場の声が上がることをを期待しています・・。
小麦アレルギー患者に小麦を食べさせるようなもので、糖尿病患者に糖質を摂取させ合併症
へと導いている「カロリー制限食」は、もはや犯罪なのですから・・。



以下、YouTubeより引用
****************************
2012年1月15日(日)
日本病態栄養学会(於:国立京都国際会館)

『低炭水化物食は「是」か「非」か?』

このテーマでDebate Session(ガチンコ討論会)が行われるのは、日本の学会では初めてである。

Debate:約1200名の参加者で大盛況であった。(管理栄養士7〜8割、医師2〜3割ぐらいであろうか?)

「是」江部康二先生(京都高尾病院理事長、京都大学卒)
「非」久保明先生(高輪メディカルクリニック理事長、東海大学教授、慶応大学卒)
座長:門脇孝先生(日本糖尿病学会理事長、東京大学医学部附属病院病院長、東京大学卒)

江部先生15分、久保先生15分の基調講演の後、
中村巧医師(中村整形外科リハビリクリニック理事長 兵庫県川西市)が、最初に意見を述べた。


 昨年の日本肥満学会(淡路夢舞台国際会議場)では、低炭水化物食の2人での討論をして頂き有り難うございました。(中村医師は、門脇孝先生と、「低炭水化物食」に関して約­15分間、通路で、2人で話し合った。)

 まず、久保先生が「短期中期的成績は低炭水化物食の方が優れているのは認めざるを得ない。本日は、長期成績に関して反論したい」と述べた。従って、久保先生は、短期中期的­成績にはっきりと白旗をあげられた。「低炭水化物食に長期的なデータは無い」と久保先生は言われるが、これは低カロリー食でも同じくデータが無く、Fifty Fifty(五分五分)である。
 私ども、中村整形外科リハビリクリニックでは管理栄養士2名と共に1600名に肥満外来で栄養指導を行った。糖尿病患者に対する低炭水化物食は劇的な効果があり、これは江­部先生の結果とほぼ同じである。
日本糖尿病学会は「マッチポンプ」の状態に例えられる。自分で「火」をつけて食後血糖値を上昇させ、ポンプで水をかけるように「薬」で血糖値を下げて、自作自演を行ってい­る。「米」業界、「薬」業界の方に眼が向いており、管理栄養士や患者の方に眼が向いていない。
 日本肥満学会の低カロリー食はまだ許されるかもしれないが、日本糖尿病学会が低炭水化物食に踏み込まずして低カロリー食のみというのは、許されない時代です。炭水化物摂取­割合55~60%は何のエビデンスもない。この値の明記が諸悪の根源であり、早く改正し、低炭水化物食に踏み込むように提言する。


座長の日本糖尿病学会理事長の門脇先生が「私はこの場に日本糖尿病学会理事長として座っていません」と述べたため、会場から笑いあり。・・にもかかわらず、ディベートの最後には「日本糖尿病学会として進化(深化)したい」と締めくくった。     

Debateの要点
1)「非」側の久保先生がシンポの最初に述べたことが印象的だった。「この討論会には、あまり出たくなかった。短期・中期的には「低炭水化物食」の方が優れていることは認­めます。ここでは長期成績にしぼって話をしたい」と。

2)RCT論文が「是」の江部先生が3論文示したのに対して、「非」の久保先生は米国砂糖業界が研究費を出しているRCT論文を1論文示したのみであった。

3)同じカロリーの、低カロリー食と低炭水化物食の食後血糖値を比較すると、明らかに低炭水化物食の方が食後血糖値を上昇させない。江部先生が症例を提示した。

4)食後血糖値を上げるのは糖質のみであり、蛋白質、脂質はほとんど食後血糖値に影響しないことは、2008年のADA(米国糖尿病学会)が明記している。

5)この数年来、ADA(米国糖尿病学会)がコメントを発表するごとに、低炭水化物食の評価を高めてきており、明らかに、臨床的に有用であることが知られてきている。

以上より
「ディベートに勝敗は付けない」とのことではあったが、実際は「低炭水化物食」のほぼ完勝であった。このDebateを契機に、2012年より、糖尿病患者に対する低炭水­化物食が、日本全国に加速度的に広がると考えられる。(医師以上に、現場で困っておられる優秀な管理栄養士が肌で感じ、一挙に全国的に広がる可能性が高い、と思われる。)

  • 糖質制限食の実践方法/大柳管理栄養士版

    category:糖質制限

回り込み解除

9/9・・。
オーソモレキューラー(溝口クリニック)主催の「こころとからだの栄養くすりのいらない食べ方」
という講演会での大柳管理栄養士の講演について、記録しておきますので、参考になれば幸いです・・。
(手入力のため、誤字脱字、間違い等については、ご勘弁下さい・・。)

「こころとからだの栄養くすりのいらない食べ方」
糖質制限をどう実践するか・・。


糖質制限食とは
・糖質、たんぱく質、脂質のうち、
 糖質は100%血糖に変わり、血糖値を上昇させる。たんぱく質、脂質は血糖に変わらない。
・このことは、エネルギーとは関係ない三大栄養素の生理学的特質である。
・糖質制限食の基本的な考え方は、このような生理学的事実をベースに、糖質の摂取を抑えて、
 食後高血糖を防ぐというものである。 

糖質制限食の対象疾患
 ・糖尿病
 ・機能性低血糖症
 ・肥満
 ・脂質代謝異常症
 ・アレルギー疾患
 ・逆流性食道炎など
      ↓
 ・食後高血糖が起きない。
 ・たんぱく食品(ビタミン、ミネラル)が増える

糖質制限食に不向きな疾患
 ・1、血中クレアチニン値が高値で腎機能が保たれていない。→高タンパク食となるため
  ※現時点で、高たんぱく質食が腎機能を悪くするというエビデンズはない。
   実際、糖質制限食で腎機能が低下した患者は実際いない。
 ・2、活動性膵炎→高脂肪食となるため
 ・3、肝硬変→糖新生が行えず低血糖に
 ・4、経口血糖降下薬やインスリンを打っている人は低血糖になるので医師に相談
 ・5、炭水化物依存の強い機能性低血糖症で、糖新生が行えず、低血糖になることも

糖質制限食の実践ポイント
 ・糖質=主食で腹を満たさない。
 ・たんぱく質系食品=おかずで食卓を構成する。
 ・醸造、発酵した基本調味料、香辛料、食材でシンプルに味付け。
 ・加工品や添加物を控える。
 ・油脂は、食べて摂る。とくに魚を食べる。
 ・野菜も、旬のものを食べる。ジュースにしない。
 ・おかずの糖質に目配せを。
 ・糖質は、食べるときは食べ、抜く時は抜くを徹底しメリハリをつける。
 ・脱線したら、すみやかに起動修正する。

糖質摂取量の目安
 ・PFCで考える
  スーパー糖質制限食
  P32%:F56%:C12%
 ・1食あたりの糖質グラムで考える
  1食10~20g以下
 ・1日の糖質摂取量の加減を50gと設定し、1日の糖質摂取量150g以下を糖質制限食と定義
  ※Am J Clin Nutr 2007: 86: 276-284 Westman の糖質制限食の定義

糖尿病の人と糖質
 ・糖尿病の人は、
  糖質を摂取した時、血糖が以上な高値になる。
  1gの糖質:BW64㎏の2型糖尿病の人
  血糖値を約3㎎上昇、1型では約5㎎上昇。
 ・ご飯茶碗1杯150g:約250kcal、糖質55g
  「55g×3㎎=165㎎」 血糖値が上昇する。
 ・糖尿病の人においては
  インスリンの作用不足があり、糖質を処理するシステムが破綻しているから。

食事記録(2型DM Y・K 男性)抜粋
日付 早朝空腹時 昼  食 昼食2h後
mg/dl mg/dl
3/13 111 豚肉100g(みりんだれ焼き) 乾パン20g 212
3/16 105 ウインナー 卵 メロンパン30g 203
3/17 88 海鮮炒めオイスターソース サラダ 玄米130g 236
3/24 105 ウインナー 野菜スープ 食パン50g 240
3/25 109 醤油ラーメン 209

主食について
 ・糖尿病、肥満、高中性脂肪の場合→主食は抜く。
 ・GI値の考えは適応外。
 ・1gの糖質量に比例して血糖↑
 ・肥満、高中性脂肪、痩せのアレルギー疾患→未精製の主食を目標クリア後、軽く。
 ・それでも、3食のうちに主食は抜く時間もつくる。

主食の代替食品
 ・大豆粉パン=大豆粉+グルテン粉+おから
 ・「低GIごはん」(サラヤ)→糖尿病では自己測定器で血糖確認
  ※商品によっては血糖上がるものもでてきているため。
 ・具沢山の汁ものを添える。
 ・豆腐をごはんに見立てる
  どんぶり、カレー、漬け物、明太子、塩辛、焼き海苔など。
 ・しらたき、えのき、豆もやしを麺に見立てる。
  汁めん風、焼きそば風、鍋の〆等

未精製穀物の注意点
 ・玄米→アレルギー疾患がある場合、可能な限り、無農薬米が安心。
 ・ライ麦パン→ライ麦100%?。ライ麦入り?。

パンの注意点
 ・パンは、脂質の質>糖質の質で選ぶ。
 ・ショートニング、マーガリン=トランス脂肪酸使用のパンはNG。
 ・小麦粉+水+塩=バゲット
 ・発酵バター+小麦粉=クロワッサン
 ・質の悪い油脂が入るくらいなら、白米の方が、まだ良い。
 ・とくに高LDL-choアレルギー疾患

主食を抜いてもエネルギーは得られる
 ・食パン1枚60g=150kcalに相当する食品→
  ・卵2個
  ・豆腐1丁
  ・厚揚げ1枚
  ・焼き鯖1切れ
  ・鯖の水煮缶1缶
  ・アボカド1/2個など

おかずの組み合わせ方
 ・おかず=たんぱく質系食品
 ・おかず≠野菜
 ・おかず≠乳製品
 ・たんぱく質系食品は4種類
  1、肉
  2、魚介
  3、卵
  4、大豆製品

おかずの組み合わせ方
 ・1度の食事に、4種のたんぱく質系食品がそろってもOK。
  ■例
   ・野菜炒め
   ・ブロッコリーサラダ(ゆで卵、ツナ
   ・みそ汁(豆腐・わかめ、きのこ)など。
  ■例
   ・すき焼き(牛肉、豆腐、青菜、きのこ、しらたき、生)。酢の物にしらすなど。

たんぱく質系食品の種類
 ・:好みの種類、部位で。加工品はNG。
 ・魚介:切り身、開き、刺身、缶詰、かつお節、食べる煮干し、しらす、いか、たこ、ほたてのボイル、
      あさり、しじみ、天日干しスルメ、鮭のとば、真空パックの〆鯖、コハダなど。
 ・:生、茹で、温泉卵、料理もなんでもOK.
 ・大豆製品:豆腐、納豆、厚揚げ、高野豆腐、冷凍枝豆、ゆで大豆、無調整豆乳など。

油脂の考え方
 ・基本、油脂は食べて摂る。
 ・サラダ油=リノール酸↓
 ・トランス脂肪酸NG
 ・液体油は、オリーブ油=オレイン酸で。
 ・ラード、マヨネーズOK.
 ・油ののった魚をしっかり食べる。
 ・痩せのエネルギー確保には、ラード、しそ油、オリーブオイルなど良質な油脂で。

乳製品の摂り方
 ・低糖質=チーズ>ヨーグルト>牛乳
 ・アレルギー疾患、肥満、糖尿病では牛乳は飲まない。
 ・料理やコーヒーに入れる程度に。
 ・ヨーグルトも無糖を1回100gまで。
 ・乳製品の過剰摂取注意。
  エネルギー過多(痩せない)、Ca過多など。
 ・Mgを含む食品:大豆製品、アーモンドなど。

野菜の摂り方
 ・野菜を食べる意味。旬のものを食べる。
  βカロテン、葉酸、VC、DF
 ・野菜は飲まない。
  血糖上昇
 ・野菜≠おかず
  栄養失調、エネルギー不足
 ・野菜は種類によって栄養価に差がある。
 ・野菜信仰の是正

野菜は色で覚える
 ・緑の濃い野菜はたっぷりと毎食。
  葉もの、パセリ、ピーマン、ブロッコリー等
 ・もやしは例外、肥満にはおすすめ。
  糖質が低く、満腹感を得やすい
 ・淡色野菜は生食で。
  酸素、機能性成分、VCなど
 ・暖色系野菜は彩り程度
  人参、トマト、かぼちゃ
 ・根菜は、控えめに。なくてもOK。

外食での糖質制限の仕方(1)
 ・ファミレス系
  チキンソテー、ハンバーグなどのメインに、豆腐とじゃこのサラダ、海鮮サラダなど。
 ・牛丼系
  「すき家」のヘルシー丼。
 ・らーめん
  赤身チャーシューメン、煮卵、ほうれん草、焼き海苔などトッピングで麺を半分に、
  ・・でさらに麺を残すなど。
 ・その他麺類
  ツナと魚介のペスカトーレ>ペペロンチーノ
  もりそば<鴨南蛮どばなど、おかずが摂取できるか否か。

外食での糖質制限の仕方(2)
 ・和定食

  鯖の塩焼き、刺身などのメインおかずに、冷や奴、温泉卵など再度メニューがあればオーダー。
 ・中華定食
  甘酢、あんかけはNG.
  卵ときくらげの炒め物、青椒肉絲、肉野菜炒め、レバニラ、にらたまなど。
       ↓
 ・外食での糖質制限食は限界有り。
  糖尿病においては、合併症予防を目指し、投薬も検討。

中食での糖質制限の仕方
 ・コンビニエンスストアの単品おかず
  鯖の水煮缶、焼き魚、地鶏の炭火焼き、肉の塩焼き系、冷や奴、枝豆、おでん(卵、厚揚げ)
  枝豆とささみとひじきのサラダ、ブロッコリー卵のマヨサラダ、蒸し鶏のサラダなど。

 ・ファーストフードのチキン系
  「ケンタッキーフライドチキン」
   オリジナルチキン1P 糖質量7g前後。
  「モスバーガー」 
   チキンナゲット5個 糖質量9g前後。
   バーベキューソース 糖質量5.9g
   マスタードソース 糖質量2.5g
 ・デパ地下、スーパー
  ローストビーフ、魚介のマリネ、刺身、焼き魚、焼鳥(塩)、豆腐、缶詰、いか、ほたてのボイル、
  サラダなど。
 ・弁当惣菜屋
  から揚げ、豚の生姜焼き、ゆで卵とブロッコリーのサラダ、蒸し鶏サラダ、鯖の塩焼き、鮭の
  塩焼きなど。
 ・加工品を毎食、毎日、頻繁に利用するのは、食品添加物の摂取などから要注意。
 
間食=捕食の考え方
 ・小食の方、昼食が外食で糖質制限食を徹底される方は、エネルギー、
  たんぱく質を補う意味で、間食を取り入れる。

 ・外食先で・・・
  チーズ、ナッツ、無調整投入、食べる小魚など。
 ・自宅で・・・
  小さな食事とらえ、何でも食べる。魚の缶詰をあける、魚を焼く、豆腐を温める、
  納豆を海苔で巻く、肉野菜炒めを作るなど。
 ・運動量が少なく肥満がある場合、チーズ、ナッツは控えめに。

調味の仕方について
 ・基本調味料
  熟成味噌、醸造醤油、酢、天然塩、ハーブソルト、オリーブ油、マヨネーズ、ラード、「甘味料」
 ・香辛料
  ニンニク、しょうが、からし、マスタード、カレー粉、豆板醤、ゆずこしょう、わさび等
 ・食材
  焼き海苔、梅干し、かつお節、発酵漬け物、塩辛、明太子、ふりかけ、塩昆布、ごま等

料理はいらない!?
 ・の水煮缶をあけて・・・マヨネーズ×ハーブソルト×カレー粉で味付け
 ・冷凍ブロッコリーをチンして添えて
 ・豆腐に、おかか、ちぎった焼き海苔トッピング、しょうゆ、ごまで味付け
 ・ゆで・・塩辛の塩分で、

嗜好品:アルコール
 ・アルコール自体はエンプティカロリー。 太らないし、血糖値も上げない
 ・アルコール飲料の糖質はNG
 ・醸造酒NG:ビール、日本酒、紹興酒等。 糖質ゼロビール、糖質ゼロ日本酒はOK
 ・ワインは例外。辛口に。
 ・蒸留酒OK:焼酎、ウイスキー、ブランデー等 甘いジュースや果汁で割らない 
 ・おつまみに、たんぱく質系食品↑

嗜好品:甘食
 ・糖質制限ドットコム」の商品は血糖測定済み
 ・「甘味料」と「無調整豆乳」でドリンクは手軽
  純正ココア(Fe、Cu)、黒ごま(Ca、Mg)
 ・「甘味料(液状)」「乳製品」「卵」でスイーツ
  ムース、ゼリー、ババロア、プリン、アイス、寒天の蜜など
 ・「甘味料」と「カカオ」でチョコスイーツ
  「甘味料(液状)+99%カカオチョコ+生クリーム=生チョコ」
  「甘味料(液状)+純正ココア=チョコソース

血糖値を上げない人工甘味料
 ・糖アルコール:安全性が確立
  エリスリトール(※)、キシリトール、マルチトール等
   ※エリスリトールは、糖アルコールの中ではもっとも下痢しにくい。
 ・合成甘味料:食品添加物扱い
  アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース、サッカリン、ネオテーム

甘味料の使い分け
 ・「ラカントS」(サラヤ)
 ・色、香りがつきやすい。
 ・砂糖と同じ分量で同じ甘さなので使いやすい。
  安全性が確立され、妊婦、子どもでも安心。
 ・「パルスイートゼロ」(味の素)
 ・濃縮タイプなので、水分量を増やしたくない菓子作り等に便利。生チョコ、アイスなど。
 ・結晶化しにくいので、作り置きの菓子や料理に便利。

果糖について
 ・果糖はブドウ糖より、血糖値を上げにくい。
 ・果糖はブドウ糖より、タンパク糖化(グリケーション)を起しやすい。
 ・タンパク糖化は、動脈硬化、老化、認知症、がんなどに関係することが報告。
 ・「ブドウ糖果糖溶液」「果糖ブドウ糖溶液」など果物ジュース、清涼飲料水、調味料に注意。

果物を食べることで痩せ対策
 ・果糖が豊富な果物は、食後高血糖になりにくく、中性脂肪になりやすい。
  「ハーバー・生化学 原書27版」
 ・糖質制限中の糖尿病の方の痩せ対策に、100gあたり10g以下の糖質量の果物を活用。
  いちご、オレンジ、グレープフルーツ、すいか、夏みかん、パパイヤ、びわ、メロン、ラズベリー等
 ・バナナにはデンプンが多く不向き。

食欲低下時の糖質制限食
 ・おかゆ、うどん、果物缶など糖質過多に注意。
 ・豆腐をお粥代わりに、くずし、出汁を加えて火にかけ、焼き海苔をちぎって、しらすでとじる。
  高野豆腐でも代用。
 ・卵:温泉卵、卵とじ、茶碗蒸し、プリンなど
 ・魚介:しらす、白身魚、かつお節、水煮缶
 ・大豆製品:豆乳、枝豆のすり流し
 ・緑野菜のマッシュやみじん切り
 ・オクラ、なめこのみじん切りでのど越しよく

買い置き糖質制限食(災害時も)
 ・肉:地鶏の炭火焼き、ささみ燻製 
 ・魚:水煮缶詰、オイルサーデン、ささみ燻製、食べる煮干し、天日干しのスルメ、鮭のとば
 ・卵:うずらの水煮缶
 ・大豆製品:充填豆腐、ゆで大豆缶
 ・油脂:マヨネーズ、オリーブオイル、ナッツ
 ・その他:練り胡麻、焼きのり、とろろ昆布、インスタントみそ汁、調味料など

料理の手間を減らす工夫
 ・塊肉:漬け込む
  豚肩ブロック+にんにく醤油=チャーシュー
  鶏むね肉+ヨーグルト+カレー粉=タンドリーチキン
  豚ロース+しょうが味噌=味噌漬け
 ・挽き肉:そぼろにする
  豚挽き肉+赤味噌、香辛料=ジャージャー味噌そぼろ
  鶏挽き肉+カレー粉、ハーブソルト=ドライカレー
 ・薄切り肉:茹でる
  豚汁風に、サラダに、炒め物に、トッピング。
 ・切り身、開き、貝類、冷凍
  凍ったままグリルで焼くだけ。凍ったまま汁に入れるだけ。

糖質制限食は変わった食事?
 ・人類の歴史400万年。農耕開始は1万年前。
 ・農耕が始まるまでの399万年、狩猟採集。 
 ・木の実、魚、貝類、小動物、動物の肉・内臓・骨髄、昆虫、果物、野草などが日常食。
 ・ヒトの消化管機能は、糖質を摂取するようにできていない。

ハンドリングで、ポジィティブに脱線も
 ・知ることが大事。
 ・糖質を食べると血糖が上がる。
 ・糖尿人は合併症に進み、肥満は解消しない。
 ・知った上で、食べる日があってもいい。
 ・食べない日を、時間を、作ればいい。
 ・糖尿人は食べる日だけ薬に頼ることも可能。
 ・知った上で、食べれば、起動修正できる。
 ・ちょっとだけ、1口だけの糖質摂取を今日も、明日も、明後日も、と続けない、メリハリを!

最近の記事+コメント

検索フォーム

カテゴリ(タグ付)


月別アーカイブ

プロフィール

エリス

Author:エリス
2011年12月、血糖値294、A1c11.5で糖尿病と診断されて以降、糖質制限とSMBGをスタートしました。
秋冬はウォーキング、春夏はスイミングをしながら、血糖コントロールに励んでいます・・。お友達募集中です♪
気軽にコメントして下さいね。

2012.10・・事情により、旧ブログ(sinobi)から引越しました。
現在、旧ブログは非公開です。
ぼちぼちと、旧ブログ記事を移行しています。

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

忍者アナライズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。