ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

2012/4/29・・。
健康人で、楽しく小麦粉パンを習ってた頃、パンに使おうと思って、購入しておいた
「紅麹」・・。糖尿人になってしまって、一度も使わず、しまってありましたぁ~。
ある日、「紅麹」は糖尿にいいと知ったので、大豆粉パンに使ってみたいと思って
ました・・。

この日は、食パンを作ろうと思って仕込んでいて、HBでこねてる最中に「紅麹」の
ことを思い出し、残り13分頃に大さじ1の「紅麹」を投入して、こね上げましたぁ~。
「紅麹」をパンにどうやって使うのかも、知らないまま入れましたが、もしかすると、
水に溶かして使うのかも知れないし、粉の状態の時に混ぜるのが得策かも知れ
ませんね・・。 
詳しい方がいらっしゃれば、ぜひ、教えて下さいませ~~~。
ピンク色というよりも、どちらかというと、淡い淡い朱鷺色のような感じです・・。
大体、食パンを作るのも久々だったので、どうだっけかなぁ~?と、適当に成型・・。

CIMG2545.JPGCIMG2547.JPGCIMG2551.JPG

この細長食パン型も、おうちレッスンしようと、随分前から、空焼きしてスタンバッって
ましたが、まさか、初焼きが大豆粉パンになるとは、思ってもみなかったです・・。
発酵30分の予定でしたが、結構~膨らんじゃって、10分前くらいで慌てて終了して、
焼成~~。1斤はない感じの型なので、分量的に多かったかも知れませんね・・。
焼成180度25分を取りましたが、もう少し短くてもいいのかも?
ちなみに、0.75斤型も持ってるのですが、それと比べて若干こっちの方が大きかっ
たので、こちらを選択しましたぁ~。 
1.5斤型は持ってるけど、それじゃ~大き過ぎると思ってね・・。
1斤型は持ってないんだけど、フッ素の真四角型が欲しいと思ってるところなの・・。

CIMG2552.JPGCIMG2553.JPGCIMG2556.JPG

クルクル巻き成型にしたお陰か、穴ぼこは少なかったみたいです・・。
冷めてからカットすると、ほんのりピンク色のミニ食パンになってましたぁ~。
両端の2枚だけ、この日の夕食に食べて、残りは全部冷凍しておきましたぁ・・。
適当に作った割りには、上手く焼けた感じのはじめての大豆粉食パンに感激でした♪
この日は、ぼぅ~としてて菊芋パウダーを使うつもりがラカンカットを使用・・。

CIMG2558.JPGCIMG2561.JPGCIMG2565.JPG

ねり25+5分、発酵36度20分、焼成180度25分
大豆粉(すずさやか) 100g
グルテン(ユウテック) 70g
アーモンドパウダー(KIKUYA) 40g
 水 180g
ラカンカット 小さじ1
バター 20g
 塩 少々
イースト(赤サフ) 小さじ1強
BBJ(生地改良剤) 少々
紅麹(グンゼ) 大さじ1

グンゼ 紅麹<べにこうじ>粉末 1P-D・K 190g【2sp_120427_a】

グンゼ 紅麹<べにこうじ>粉末 1P-D・K 190g【2sp_120427_a】
価格:1,418円(税込、送料別) by/ママパン

オリジナル フッソ食パン型 正角

オリジナル フッソ食パン型 正角
価格:1,050円(税込、送料別) by/馬嶋屋菓子道具店


(注:HMG-CoA還元酵素阻害薬を飲んでる人は、紅麹を同時摂取するのは注意が
必要らしい・・。)

<医薬品情報 21より引用>

作 用機序:モナコリン類はmevalonic acidの合成酵素であるHMG-CoA reductase(還元酵素)を阻害する作用があり、コレステロール合成を減少させる。Monacolin Kをlead化合物にしてコレステロール合成阻害の医薬品(simvastatin)が開発された。

紅 麹菌が産生するlovastatinが、コレステロールを合成するHMG-CoA還元酵素の作用を阻害することは既に述べたが、HMG-CoA還 元酵素を阻害することにより血中のコレステロール値を下げる。同じスタチン系の薬剤が医薬品として利用されている。紅麹色素に含まれるγ-アミノ酪酸 (GABA)が、交感神経の抑制、血管拡張及び抗利尿ホルモンの抑制により、血圧の正常化に作用する。
相互作用:紅麹はHMG-CoA還元酵素を阻害する作用が認められており、高脂血症治療薬の作用を強め、薬の必要量を減少させることが期待できるが、併用する場合には注意する。

有効成分含有量:紅麹粉末1g中にロバスタチン1.5mg、γ-アミノ酪酸0.2mg(計算値)。

*紅麹に含まれるメビニン酸により、HMG-CoAレダクターゼ阻害剤(Statin系薬剤)と同様の横紋筋融解が起きることが考えられる。
*simvastatin(HMG- CoAレダクターゼ阻害剤)40mg/日の使用による筋障害の経験を有する高脂血症の女性(61歳)が、紅麹のハーブ製剤を1,200mg/日、約3ヵ月 間摂取したところ、激しい広範囲の筋痛と血清クレアチンキナーゼ値の上昇を示したという報告がある。

関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

最近の記事+コメント

検索フォーム

カテゴリ(タグ付)


月別アーカイブ

プロフィール

エリス

Author:エリス
2011年12月、血糖値294、A1c11.5で糖尿病と診断されて以降、糖質制限とSMBGをスタートしました。
秋冬はウォーキング、春夏はスイミングをしながら、血糖コントロールに励んでいます・・。お友達募集中です♪
気軽にコメントして下さいね。

2012.10・・事情により、旧ブログ(sinobi)から引越しました。
現在、旧ブログは非公開です。
ぼちぼちと、旧ブログ記事を移行しています。

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

忍者アナライズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。